亡くなられてから葬儀までの段取り

危篤・臨終を迎えたら

まず危篤の通知をごく身近な人に手際よく連絡します。自宅や出先で亡くなったら、医師に連絡し死亡診断書を書いてもらうことが必要です。これは死亡届と一緒になっており火葬許可証の交付を受けるためにも急を要します。

宗派

核家族化がすすみ、宗教とは縁の薄い生活の現代、いざというときわが家の宗派がわからないのでは大変です。葬儀の際宗派によって導師を選ぶので、当然宗派を知っておかねばなりません。もし違う宗派で葬儀をし戒名をつけてもらったら、郷里の菩提寺にある墓に埋葬できないという場合もおこります。

枕経の準備

家族など近親のものは、家の中の装飾を取りはぶき、不潔不整頓な個所は見苦しからぬよう整理して、死者を北枕(西向き・西枕でもよい)に寝かせます。布団は新しいものがあれば取り替えて新しくしましょう。枕元には小机を置いて、花・線香・ローソクなどを供え、灯明の火を絶やさないようにし、僧侶を呼んで死者の枕もとで読経(枕経)をしてもらいます。

葬儀の日どり

お寺様のご都合や火葬場の空き具合、ご親族のご都合などをお伺いしながら通夜及び葬儀告別式の日程を決めます。尚、法律上お亡くなりになってから24時間以上経過しないと火葬することはできません。

葬儀の日どり

通夜

肉親や縁のあった友人・知人・近所の人が集まり静かに故人を偲び、読経をしてもらい、通常肉親以外は一時間くらいでお帰りいただきます。又故人が快活な人であっても、むやみな賑やかさは好ましくありません。葬儀に必要な衣類等を出して、万全の用意をするように心がけておきましょう。

通夜

喪主の役割

喪主は遺族の代表として葬儀を執り行い、弔問を受けるのが努めです。葬儀の通知も喪主の名で出すので早く決めましょう。
喪主は葬儀後の法要なども主催することになります。

焼香

左手に数珠を持ち、導師に一礼してから正面焼香台の三、四歩前に進んで遺影をまっすぐ見つめます。さらに焼香台の一歩手前まで進み合掌、さらに一歩進んで焼香します。焼香後は再び合掌して、二、三歩下がり向きを変え席に戻ります。

  • 【焼香回数】
  • 天台宗:3回 真言宗:3回 浄土宗:1回~3回 臨済宗:通常1回
  • 曹洞宗:通常2回 日蓮宗:通常3回
  • ※上記宗派は香を額に戴いてお焼香します。
  • 浄土真宗 本願寺派:1回 大谷派 2回
  • ※浄土真宗では香を戴くことはしません。
焼香

謝辞

一般には親族代表者がしますが、喪主がする場合もあります。挨拶をする場合は、屋外での会葬者は長時間の参列で疲れておられるので、できるだけ簡単に長くても3分以内には終わるよう心がけましょう。

年中無休 24時間 お気軽にご相談ください 0120-544-930
page top